図書館で声も出せず糸引くほど愛液が溢れ出す敏感娘 12 中出しSP

更新日:

動画

作品情報

作品名: 図書館で声も出せず糸引くほど愛液が溢れ出す敏感娘 12 中出しSP
出演者: -
シリーズ: 図書館で声も出せず糸引くほど愛液が溢れ出す敏感娘
メーカー: ナチュラルハイ
レーベル: NATURAL HIGH
ジャンル: 4時間以上作品 , 中出し , 女子校生 , 企画
監督: イタカ・スミスリンパウダー
説明: 静寂な図書館で女子校生や司書を狙う人気シリーズ第12弾は初の中出しSP。突然襲われじっくり責められると声も出せずに感じ始め、マ○コからは糸引く愛液。震える手にチ○ポを握らせ無理矢理手コキ、フェラ。拒んでいても濡れているマ○コに生チ○ポを擦りつけて激しく突き上げる。‘ゴム無しの感覚’と‘中出しの快楽’に堕ちていく女の姿は必見!

感想・レビュー

  • 殿堂入り

    一、二、五人目がずば抜けてよかった! 一人目、落ちるのは早い。でもかわいいから許す!アイドルにでもいそうな子でパンツ越しに手マンされやめてと最初は抵抗してて段々抵抗もなくなりされるがまま状態に。 目もトローンとなって凄く気持ちよさそう。痴漢と呼べるのは始めの前半くらいで後半はむしろ求めてる感じw ただこの子演技が演技に見えなくて本当に痴漢にあってるみたいで興奮しました! 二人目、痴漢師が隣に座ってペンで何かを書いてるのかと思いきやペンがブーンって音を発してチラチラ気になる様子の女子高生w まさかそのペンで自分のパンツがビショビショにされるとも知らずに・・・敏感体質なのか乳首責めだけでもビクンビクン反応し、よっぽど気持ちよかったのか涎まで垂らす始末w 五人目、この子は羞恥プレイ感が強く人がいる前にもかかわらず乳首を優しくいじられたりアソコをいじられたりされて声を必死に堪えてる感じがよかった!
  • 一口に「中出し」と言っても様々なシチュエーションが楽しめる

    1 葉月可恋(パケ写) コンドーム使用の伏線~ 挿入直前に生を嫌ってゴムをつけるが 不満ですぐに外してしまう。 中出しを強く拒絶するも止められない腰振り。 ちぐはぐな心と体が生々しくて良い。 2 葵こはる 電動の文具(玩具)に興味津々。無邪気な表情◎ ・・と言うかこの娘表情が非常に豊かで楽しませてくれる。 イク時の痙攣も◎ 最後は快楽に夢中になり激しい腰振りで男を暴発させる。 我に返って呆然。 3 江波りゅう(司書) リモバイの刺激に震える内股、ガニ股どちらもセクシー。 快楽に飲まれまいとしてか手首、袖口を強く噛む。 眉間にシワを寄せ堪える表情がそそられる。 最後は問答無用の中出し。男が去った後 精液を見て自らもう1イキ。ドスケベ女! 4、5人目もまずまず。 5人中3人が最後まで本棚通路での行為で ちょっとだけドキドキ感がUPしている。 
  • 5人目

    1,2,3,5人目の方がとても良かったです。 他の方のレビューで1,2,3番目の女優さんの名前はわかったのですが、5人目の女優さんのほかの出演作も見てみたくなりました。 わかる方っていますかね~?
  • 大満足買って損なし

    全部良いが特に良かったのは、最初の子と大人の司書の 次に出るベージュの制服の子 こういう作品は女の子のおっぱいが 見えないのが普通だが、この作品は 見たい時に見たい所をみせてくれる 監督のイタカ・スミスリンパウダーは 天才だと思う。もっとレズものも出して欲しい
  • 2014年度ベスト

    2014年のベストは葵こはるさん。 もう一人挙げるとすれば、葉月可恋。 ナチュラルハイは今一番勢いがあるレーベルと言える。 何よりもカメラワークが素晴らしい。 どんなに良い女優、演出があっても、見たくもないものが映っていたり、見たいところが引き画では最後まで見られない。 女優の肌質に透明感あり、皮膚下の筋肉の動きもシェイプアップされている。 お金も掛かっているだろうし、女優のモチベーションも高い。 今回の5人もそれぞれシュチュエーションが異なりバランスが良いし、衣装も毎回一工夫あり、同じ画にならない。 女性は髪型をちょっと変えるだけで雰囲気が変わるし、下着の質感にも観るものの好みがあるだろう。 一つひとつを突き詰めて濫発による、品質低下を許さない。
  • 本年度最高の掘り出し物。

     五人目に尽きる。  美しい顔の女が中でイク。いや、イキまくる。これほどの感動をおぼえたのは、橘梨紗・初川みなみの各作品と、上原亜衣の『SUPER JUICY』以来である。ピストンが引き起こす女性のケイレンを愛する人間ならば、これは必ず見るべきだ。  ではなぜ、そんな女王クラスたちと同等のポテンシャルを持つ女優が、オムニバス作品の一構成員として埋もれてしまっているのか。その疑問を解くカギは、胸にある。  彼女の唯一最大の弱点はそこだ。胸がない。顕微鏡で探したくなるくらいにない。しかし、そんな要捜索の胸を持つからといって、彼女を埋もれさせたままでいいのか?  名博士・名探偵たる皆様の眼力とお力添えに期待したい。
  • 最後は腰フリ

    最初は嫌がりながらも最後は自ら腰を振るという流れが基本。図書館というシチュエーションもしっかり守り、周囲がかなり静かな中で行為に及んでいる。ここまで長続きしながら、設定をしっかり守っている作品も珍しいのではないか。 マンネリ感も漂うが、個人的には期待を裏切らない作品なのも事実。何とかこの流れを続けてほしいものです。
  • 腰をふる葵こはるさんイッちゃてる

     静寂の図書館で声がまんの性交です。  レズSPで大量潮吹きした葉月可恋さん。  エッチの途中でゴムをはずす大胆行動。 中出しされちゃう。  パイパンになっている葵こはるさん。 立ったまま挿入されます。  感じてきて自ら腰をふります。 きれいなお姉さん江波りゅうさん。  長身なので迫力の抜き差し見れます。  ロリ顔の巨乳娘、萌雨らめさん。  彼氏を裏切りエッチしちゃいます。  スレンダー美人、斉木ゆあさん。  全裸にされて恥辱エッチです。 下からのカメラアングルがエロいです。 
  • 出演者:葉月可恋/葵こはる/江波りゅう/萌雨らめ/斉木ゆあ。。。。。。。。。。
  • 評価は画質のことです

    作品自体は「非常に良い」という評価なれど、動画ダウンロード派のオイラからすると低画質すぎて困ります。 今どきスマホでもフルハイビジョンなのにナチュラルハイってメーカーはいつの時代のカメラ使ってんの?

動画の共有

人気動画

最新動画ランキング