マドンナ10周年記念作品 夫の目の前で犯されて―罪悪感と快感の狭間で― 瞳リョウ

更新日:

動画

作品情報

作品名: マドンナ10周年記念作品 夫の目の前で犯されて―罪悪感と快感の狭間で― 瞳リョウ
出演者: 瞳リョウ
シリーズ: Madonna10周年記念
メーカー: マドンナ
レーベル: Madonna
ジャンル: 人妻 , 辱め , ハイビジョン , ドラマ , 独占配信 , デジモ , DVDトースター , 単体作品 , 熟女
監督: なぎら健造
説明: 凌辱の殿堂アタッカーズ×熟女No.1メーカーマドンナが初のコラボ!今回の瞳リョウはMadonna10周年を記念して巨匠・なぎら健造監督の代表作「夫の目の前で犯されて―」に登場!幸せな結婚生活を過ごす人妻・清美(瞳)。しかし、夫が胃癌で入院してしまう。見舞いへ行く傍ら、担当医の岡田に日頃から悩んでいる不妊症の相談をするのだが…。清美の美しさに目をつけた性欲旺盛な岡田は言葉巧みに彼女へ襲い掛かる!

感想・レビュー

  • ヌルイ

    期待を裏切る駄作ばかり。カラミは最初だけがマシであとは犯され感がない。彼女はお金だけが目当てなんあでしょう。 監督もヌルすぎる。
  • 女優さんの魅力をたっぷりゆっくり。田渕流の真髄を観た思い。

    『良い素材を最高の調理でもてなす』 もてなされるのは、魅せるものを持つ女優さんと、観る者。 魅力を最大限引き出す 本(監督ほか)と期待に応え得る男優。 この『当たり前』との出逢い作品が限られる貧困現実。女優(と男優)と訪問者の不運不幸。 潰される女優と作品が多過ぎでは?と想う。 田渕御大は口(話す)で落しPenで堕す『二段階堕しの達人』だと思った。感心。 今作の醍醐味は堪らない。 設定もあるが、押し倒し剥がし破る(それも当然OK!)必要も無く 快感と罪悪感を天秤に掛ける部分も最小限にし 全体に「処女への面倒さ」の如きを縮めた分 快感へ誘い愉しみ合う流れを、女優対応優先でたっぷりゆったり撮る。モザも期待値直近。 Menuコナし惰性作、奇をテラったダケ墓穴掘り(グロ)等に出遭うと嫌になる。 良作好みの作を求めて来るのだし。 女優魅力を最高に活かした高打率監督と田渕流極意の真髄披露。 ラッキーだった。
  • 期待したほどでは

    ベテランAV女優の瞳リョウとアタッカーズのなぎら監督の コラボで注目して観ましたが、犯人は田淵で役柄は医師で瞳 の夫が癌の手術で入院し..主な絡みが3つあります。 ?病院で夫の横のベッドでSEX?出張治療でソファーでSEX。 ?家のベッドでSEXと今回は凌辱色も薄くて最初が夫の寝て いる横で夫に麻酔をかけ→ここは寝過ぎで患者も遠ざけて緊迫 感が無くて体位もふつうでフィニッシュの局部は見せなくて 中出しで、次は田淵が家迄来て瞳をセラピーの感じでゆっく りと犯します。キッチンからイラマでシャワー..ストップモ ーションでし、最後はベッドでファツクと最初だけ夫の横で し→ストーリー的には新鮮味はあるかもしれませんが、2人の 演技はやや物足りなさを感じました。
  • こういう方向性がいいならレイプ系やめりゃいいのに

    最初に病室で眠る夫の傍らで押し倒される本番シーンで タイトルにあるプレイはしましたよって感じで あとは「あなた、許して」の寝取られものな流れ。 レイプ系が見たい人は回避が無難。 ただし寝取られものとしてはレベル高い。個人的には瞳リョウの 復帰後の作品の中では最高レベルだと思う。最初にまじめでつつましく 夫思いのよき妻を演じられているからこそ、控えめな女が内に秘めた 性への欲求を解放していくギャップがエロい。 女優と田淵くんとの相性もかなりよかったようで、非常に情感の 感じられるセックスを見せてくれる。最後のカラミで田淵くんの 頭を抱え込むようにかたく抱きつき、夫以外の男に身も心も委ねて あえぐ瞳は最高にエロかった。 和姦のお手本と言ってもいいレベルだし、カメラワークも安定しており レイプ系でないことを除けばシリーズでも高位に入れていいと思う。

動画の共有