奴隷ソープに堕ちた人妻2 水元ゆうな

更新日:

動画

作品情報

作品名: 奴隷ソープに堕ちた人妻2 水元ゆうな
出演者: 水元ゆうな
シリーズ: 奴隷ソープに堕ちた○○
メーカー: アタッカーズ
レーベル: 龍縛
ジャンル: 人妻 , ハイビジョン , 独占配信 , 調教・奴隷 , 単体作品 , 3P・4P , キャバ嬢・風俗嬢 , 騎乗位
監督: 川村慎一
説明: 『桐島荘』の娘・千尋は母親の後を継いで女将となるが、地元の橘グループと対立。橘グループは風俗施設などを手広くやっており、桐島荘を買収しようと企てる。千尋は信頼していた従業員に裏切られ、地下室に監禁されてしまう。

感想・レビュー

  • 絶対にお勧め

    水元ゆうな、清楚な和服姿が良く似合っています。スタイルが素晴らしいだけでなく、演技力もあるため単なるAVではな、老舗旅館を舞台とした凌辱物の作品となっています。 番頭と女中頭の動機付けが物足りないと思うのも、それだけ物語としての完成度の高さを表しているからでしょう。 口内射精が好きな方には特にお勧めです。私的には今まで観たAVの中でも三指に入る作品でした。
  • レーベルの伝統を受け継いだ作品

    奴隷島と同じ脚本家。 「聖職崩壊の刻」から始まる、「時系列で調教を描写する」という、レーベルの伝統を受け継いだ傑作。 奴隷島の難点であった、調教場所のバリエーション不足や照明の明るさも幾分改善されていた。 欲をいえば「元女将」ではなく、「女将」のまま調教した方が、背徳感や屈服感を際立たせる事が出来てよかっただろう。 弱味を握られ、「きりっとした日常」と「弄られる非日常」の境を行き来させられ、翻弄されるヒロインを見てみたい。
  • 徐々に堕ち行く展開が素晴らしい

    指摘されてますが、確かに人妻ではないです。しかし、最初は犯されても抵抗しているが、病気の父親を人質に取られてしぶしぶソープで働くための調教に身を投じていくうちに、徐々に快楽に支配されていく変化を水元ゆうなが非常にうまく、被虐的に表現しています。元仲居さんにカウンターの上で、連続でイかされ、「イキます!」と宣言させられるシーンがとても良かったです。惜しむらくは麻縄での縛りが欲しかったことと、焦らされて自分から快楽をねだってしまうシーンがあれば傑作でした。それにしても水元ゆうなは良いカラダです。
  • 気になった点

    この女将って人妻ですか? あと、水元ゆうなを調教していた熟女って 誰か分かります?
  • 完璧なスタイル

    水元ゆうなを久しぶりに見たが、相変わらず完璧なスタイルでびっくりした。4-5年前のレンタル時代も素晴らしいスタイルだと思っていたがまったく崩れていない。脚本、助演も良く本作は楽しめた。アタッカーズの川村作品ではよく出演する橋本杏子が主人公を陥れる女性を演じて良い味を出している。話は20年前のSM小説にあるようなものでロマンポルノ風である。水元ゆうなの演じる気高い女性がだんだん堕とされて行く様子が丁寧に描かれている。高評価としたい。
  • 期待し過ぎたか

    レビューを見て購入したがそれほどでもない。 アタッカーズの奴隷シリーズはダラダラとプレイが長すぎる。 女優さんの演技力に助けられてはいるけど、もっと背徳感や屈辱感を丁寧に描いてほしかった。
  • 着物エロいよ着物!!

    全裸には興味の無い人なので着物着たままのプレイに期待して購入しました。 結果は大満足です。 水元ゆうなさん自身着物がすごく似合う女優さんなので、相乗効果で着物のまま挿入され喘ぐシーンのエロさが2倍3倍にもなっていたと思います。 実に良いですね!! そこだけでもお値段ぶんの価値があったと思っています。
  • ゆうな入魂の絶品!

    「アルカディア橘」霧島荘元女将・絶品「千尋」をコッソリと訪ねて行きたい理由を記します。 ●はめられている時の右の額に出る「感じ筋」が絶品 ●後背位ではめられている時の背中から尻のラインが絶品 ●小粒のブルーベリーの様な乳首が絶品 ●「イキマス!」の声が本気で絶品 ●和服を尻から捲くられ蛙のように犯される姿は絶品 ●白い足袋がエロさを増幅していて絶品 ●一物を含んでいる時の右ホホの膨らみが絶品 ●オチョボ口の様な小さめのアヌスが絶品 ●「ゴックン」した後の小さくむせる顔が絶品 ●浴室に並べられている「千尋のフォトスタンド」が絶品 ゆうなの作品中で「夫の目の前で犯されて」を凌ぐゆうなの代表作であると思います。ゆうな自身年齢は重ねてきているが、間違いなく現在のav界を牽引している「女優」の最高峰の一人であると思います。これからも乱発出演を控え、「一作入魂」の作品への出演を望みます。
  • 脚本と女優の良さが光った日本のSM作品

    全盛の日活ポルノを見ているような錯覚を覚えました。 十分にアートだし、素晴らしいジャパンエロスです。 脚本も良いし、作風を十分に理解し演じた“水元ゆうな”さんに惜しみない拍手を送りたい… 弄ばれる悲しみを抱えながら、健気に使える妻の悲しみ心と、 色情がに溺れよがる女の弱さが綺麗な映像で綴られていて、 一言では言えないくらいの出来です。 白木の風呂で和服を脱ぐ彼女の色気に逆上せてしまいそう… この作品に無いSM要素は、 縄による本格緊縛と鞭や蝋燭などですが、 この作品には無くても十分に行けます。 ただ、スパイス的に麻縄の亀甲縛りや股縄を入れていたらお宝ものだったと思う。
  • 水元ゆうな綺麗です。

    水元ゆうなは顔も身体も綺麗なだけに、こんな駄作に使われるのは本当に勿体無い気がする。 まず、「後手縛り」という素人丸出しの脚本家を使うのはもうやめてほしい。 一番の難点はナレーションを多用し過ぎる点である。ナレーションに頼らなければ状況を伝えられない、それは仕方が無いことだが、この脚本家はそれが多すぎる。しかも絡み以外の演技に関して、ほとんど素人のAV女優がそれをやっているので、聞いていてイライラする。 それと、奴隷島から始まるこの奴隷何とかシリーズは、ストーリーや設定がほぼワンパターン、他に引き出しを持っていないのか?

動画の共有