暴虐強姦アクメ 残酷・リアル・極致・凌辱 ここまでヤって良いのだろうか…

更新日:

動画

作品情報

作品名: 暴虐強姦アクメ 残酷・リアル・極致・凌辱 ここまでヤって良いのだろうか…
出演者: 工藤れいか
シリーズ: -
メーカー: BabyEntertainment
レーベル: BLACK BABY
ジャンル: 辱め , 電マ , 単体作品
監督: ばば★ザ★ばびぃ
説明: ギラついた太陽にヤラれた男達がレイプ集団として暗躍していた…。卑劣な欲望に人生を狂わされるオンナ…。嫌がりながらも絶頂を迎えた時、自分が女の躯を纏って産まれた事を後悔する…。もう太陽の下には戻れない…。 【※画像・音声に多少の乱れがあります】

感想・レビュー

  • 好き好きですが・・

    反応は良くない子です。 が、それでもこんだけ攻められれば イクんですね。 この子にしてみれば精一杯やってるなって。 そういうところが見たい人にはおすすめです。 ただし、昔の作品なので 攻めのバリエーションやスキルには 時代を感じますが・・・。
  • 女のキャラがいい!

    シンプルな拉致・監禁・レイプものなんだけど、犯される女のキャラが立ってていい。 女優の素なのかもしれないけど、結構遊んでる感じでどっちかというと、レイプする 男たちと同じ世界寄りのお姉さん。 眠らされて犯されてる最中に気づいて当然暴れるんだけど、あ、これは逃げられないな、 下手すると殺されるなと悟ってから、何とか生きて帰ろうと、泣きながらも 抵抗をあきらめる見切りの良さが素人じゃない。 何をされようが殺されて埋められるよりはって感じでいいなりになってるうちに、 激しい責めに体がどんどん感じてしまって・・・って感じの流れ。最後は 殺されずには済んだけど、ひと気のない場所でイカセ放置されたまま捨てられるという 救いのなさもいい。 犯される女が単なるAV的お人形さんじゃなくて、女としてのリアルを感じさせてほしい 人にはツボだと思う。男たちが何をしでかすか分からないリアルにやばい感じを 醸しだしたのも作品の完成度を上げたと思う。

動画の共有