黒い欲望に全てを奪われて… 貴婦人と令嬢の絶望 杏樹紗奈 澤村レイコ

更新日:

動画

作品情報

作品名: 黒い欲望に全てを奪われて… 貴婦人と令嬢の絶望 杏樹紗奈 澤村レイコ
出演者: 杏樹紗奈 , 澤村レイコ(高坂保奈美、高坂ますみ)
シリーズ: -
メーカー: アタッカーズ
レーベル: 龍縛
ジャンル: 辱め , ハイビジョン , 独占配信 , 拘束 , お嬢様・令嬢
監督: サニーK
説明: 「緊急幹部会議?そんなもの聞いてないぞ!」宮川グループ4代目社長・宮川幸彦の無念…仕組まれた汚職による社長解任と偽装自殺…残された妻の礼子と娘の紗奈の哀しみ。だがそれは彼女たちにとっては悲劇の序章にすぎなかった…

感想・レビュー

  • 前半だけオススメ

    この作品の問題点は、前半が母、後半が娘と、出番をはっきり 分けてしまったことだろう。母の出番を前半で片付けるために 中盤で廃人にしてしまうという展開は早すぎるし無理やりすぎる。 監督に乱交的なシーンを撮る技術がないために、このような構成に したんだろうか。 幸せな家庭が崩壊し、母がクスリを盛られた上で娘を助ける条件で 夫を殺して全財産を奪った男に堕ちるという流れ自体はエロく、 中盤までは決して悪くない。 娘役の女優が澤村と比べるとずっと見劣りするため、どうしても 後半が弱くなる。中盤までは星4つ、中盤以降は星2つといった 感じだろうか。
  • もったいない

    アタッカーズらしからぬシナリオの悪さが目に付いた。 最初のレイプ→娘との対面まではとても良い流れなのに、次のシーンでは母はほとんど廃人。クスリを使うという設定が安易すぎる。もっと丁寧に堕ちるところを描写しないと。 放尿シーンもただするだけで意味不明。娘や男の見ている前でやらなければならない羞恥が欲しかった。 澤村レイコの色っぽさはアタッカーズ向きと思うので、違う作品(できれば奴隷色のステージがいいな)での再出演を期待したい。
  • 中盤以降は駄目

    序盤は澤村レイコが娘に手を出さないとの約束と引き換えに犯される。嫌がりながらも感じ、朦朧としながら台詞を言う澤村はかなり色っぽい。 ただその後即効で薬墜ち、娘は犯されるのだが澤村と比べると色気は無い。本当に見所の無い作品になってしまった。 澤村自体がこの手の作品に合う女優なのに、序盤であっさり薬墜ちなんてもったいない。もっと引き伸ばして、娘をちらつかせてハードな調教や、娘の前で羞恥責めにすればよかったのに。 澤村レイコをもっと有効活用すべきだと思います。

動画の共有