神の乳を持つオンナ 安齋ららデビュー 奇跡の超乳7挟射スペシャル

更新日:

動画

作品情報

作品名: 神の乳を持つオンナ 安齋ららデビュー 奇跡の超乳7挟射スペシャル
出演者: 安齋らら
シリーズ: 専属NO.1 STYLE
メーカー: エスワン ナンバーワンスタイル
レーベル: S1 NO.1 STYLE
ジャンル: パイズリ , ハイビジョン , 独占配信 , デビュー作品 , 単体作品 , ギリモザ , 巨乳フェチ , 巨乳
監督: 紋℃
説明: 大きさ、形、ハリ、柔らかさと、その全てにおいて完璧なバランスのJカップ乳房。「神の乳を持つオンナ」という名に相応しい彼女が私たちの前に現れました。身体全体は細いのに胸部だけが急激に盛り上がった綺麗な丸みでタプンタプンと揺れる天然の重量感。大人っぽさと子供っぽさが同居している顔に日本人離れした肉体でセックスもエロい。これ以上何も望めない彼女とたっぷりおっぱい射精セックス。神様ありがとう。

感想・レビュー

  • 感謝

    プレイがぬるいような気がしますが、戻ってきてくれたことに感謝しかありません。私の息子も泣いております。次作以降の期待も込めて☆5です。
  • デビューとして普通すぎる

    何回もデビューを繰り返したわけで、新鮮な絡みを求めたくなるところ、あまりにもノーマル的な最初の絡み。 最後も意味不明に喋りまくる男優でうざくなるし、少しBODYを思う存分活かすまでにはいかなかったかな?とは個人的に思う。 吉村にベロンベロンに舐められるか、森林の巨根に激しく突かれおっぱいが揺れまくるなど迫力さと濃厚なエロスが見たかっただけに残念なデビュー作だが、次作からに期待しておく。
  • おっぱいは最高だが内容がノーマルすぎる

    おっぱいは最高なのは分かるが、最初の絡みから最後に向かうまでの流れが超絶ノーマル。 無難な作りに終始した感じなので、過去を知ってる者にはつまらないとしか思えないでしょう。 賞賛すべき点はカムバックしてくれた部分のみで、あとは最初の特徴なき絡みなどやめて、もっと森林などの巨根に1日中連射されまくるなどダイナミックな作品が見たい。
  • これは。。。

    RIONまたは宇都宮しおんだね。 RION名義でめちゃ出演してるからみんな知ってると思うけど。。
  • 質的優位性を前面に押し出す

    「デビュー」作ではありながら、徹底したシチュエーション別の絡みのみ構成。 主観・連射・3Pなどアプローチに変化を加えてるが、語弊を生むかもしれないが、シンプルな作りだと思う。一方、本作を目にしたいと思う鑑賞者(当方含)が求めるものは、細かなドラマ・設定を駆使した位置的優位性ではなく、明らかに彼女が持つボディがもつ質的優位性であるだけに、そうした期待に応えた内容とも言える。 ある女優さんの言葉を借りれば、バストのサイズ感だけで言えば【インフレ状態】でもある昨今では、(アンバランスさも含めた)ボディバランスであったり、(映像としての伝え方を含めた)ハリ・質感なども求められている。正確な喩えではないことを承知で述べれば、総合格闘技の世界が打撃・関節の一芸重視から「打・投・極」をトータルにこなせるファイターが実績を残すようになってきた過程を彷彿とさせる。 彼女の武器は、神乳を軸に構成されたボディの総合力だと感じたりする。彼女のボディが「神」なる由来を知らしめるという意味では、新たなるリングで飾るデビュー戦に相応しい内容だと解釈できるのではないだろうか。
  • どっかで

    どっかで2回ぐらい見たことある女優さんですが、 おっぱいはご健在でした。 パイズリ射精と、通常SEXから発射直前におっぱいに挟むのがメイン。
  • 神、三たび降臨! ☆10,000!の霊長類最高美裸体

    2014年だったと記憶していますが、プレイボーイ付録の「BIRTH神の乳、奇跡の15分間DVD」で彼女を知り、衝撃を受けたことは鮮明に覚えており、今も脳裏を離れない。 宇都宮しをん、RIONを経て、再び輪廻転生の如く「安齋らら」で復活。 宇都宮しをん時代はイクことも覚えず、笑い声のような喘ぎと猛烈な批判レビューが多く、RIONで復活すれば垂れ乳だ、見る影もないだと更なる批判の嵐。 それがどうだ、今回の復活告知を見るや、お気に入り数は一気に5,000を超え、配信前にランキング入りするほど待ち望んでいるAV村の住民の多いこと。どんな時代も一心不乱に応援してきた者としては、この分かりやすいほどの掌返しに正直ふざけんなよ!と思う。 今も昔もアイドルや2次元にまったく興味なし。若い頃はちょこちょことしか観なかったAV。その後、あいだゆあと吉沢明歩の2大エースでAVの素晴らしさに触れ、秋山祥子を経由し、安齋らら=宇都宮しをんで一気に拍車がかかり、RIONの素晴らしさを語りたくてレビュアーとなった僕。 AV再々デビューにして神の降臨。女性として、雌として、霊長類最高美裸体であることは証明済み。御挨拶は神乳が。ち○ぽから火が出るほどの、窒息するほど圧倒的肉感なパイズリ地獄。上手い下手は語る必要なし、このビジュアルを拝みたかっただけなのです。揉んで、掴んで、挟んで、埋めて、撫でて、摘まんで、舐めて、弾んで、揺れて、撓んで、垂れて(当然良い意味で)、そして浴びる。 2019年終わりに舞い込んだ、AV住民に贈る最高のオカズ。安心安定の神女優、大復活劇。
  • RION(宇都宮しをん)

    三度目のデビュー作品(笑)。宇都宮しをん⇒RION⇒安齋らら 神の乳って、こんだけデカいと私生活に支障きたすだろうな~。 AV的には武器だろうけど本人はコンプレックスなんじゃないだろうか…
  • 無し

    Rionさんじゃない?その前が何だったっけ?たしか週間プレイボーイに何年か前にもこの名前で出ましたよね。 京都に~いるときゃ~♪
  • 表紙は丸出しモザイク入り全裸ではなく

    裏ジャケットの作品内容を紹介している方に出ていた、美巨乳ポロリの股間に高角度に食い込んだセクシーハイレグ下着姿か、あるいは乳首も隠したセクシーハイレグ下着をまとった安斎ららの姿こそ、エロく見えて表紙ジャケットや店頭の販促ポスターから大きく見たかったです。 全裸の安斎ららを表紙から見せるならアンダーヘアーまでに留めるか、下半身はセクシー下着をはいた姿までなら想像力や劣情感を掻き立てられて良最高でした。 あのモザイクがせっかくの安斎ららの全裸を台無しにしているのです。ど直球にモザイク入りの秘所姿を作品の顔である表紙から見せるのは、あまりにもナンセンス。  モザイクは作中でタップリと見られるので表紙からは見たくないです。
  • 安齋らら→宇都宮しおん→RION→安齋らら

    復活には感謝するが普通すぎる。 RION末期よりカラダは若干締まっておっぱいはそのままというのは良かったけど。 今更新人デビューでもあるまいし、ノーマルすぎて物足りないというのが感想。 カラダは文句なく凄いのだが作品内容はそれに見合うほどエロくはない。 ただ大好きな女優さんなので次作以降もかなり期待してます。
  • 内容が普通過ぎる

    戻ってきたのはありがたいし相変わらず凄い身体だけど もう何本も作品を出している人なのでそれだけではもう飽きてます。 出来ればもっとこの身体を活かした作品を作れるメーカーから再デビューしてほしかった。 S1は女優のルックスに頼っているだけで内容がつまらない作品ばかりなので。 まさに宝の持ち腐れ。
  • ヤリたくなってAV女優復活??

    この女優は宇都宮しをんで改名後RIONですね! あんまり好きじゃないな。グラビア時代
  • なぜみんなこんなに高評価?

    高評価の意味がよくわかりません。 復活してくれたのはうれしいが、プレイが至って普通。というかS1が攻めなさすぎで、どの作品も普通にセックスしてるだけ 素材は一級品なのに企画力がゼロで女優を殺してる これなら昔の作品見た方が若いし、ボディーもハリがあるし、そっちの方がいいと思います
  • スタイルをキープて事で

    ★3つです。他の人も書いてますが 改名しての3度目のデビュー作なんで 正直内容も平凡だし始めてみる人には 良いかもしれないですが既視感があるので 宇都宮しおん、Rionのデビュー作を 見た人なら特にオススメはしないです。

動画の共有