我が家の美しい姑 三条つばさ

更新日:

動画

作品情報

作品名: 我が家の美しい姑 三条つばさ
出演者: 三条つばさ
シリーズ: 我が家の美しい姑
メーカー: センタービレッジ
レーベル: 花園(センタービレッジ)
ジャンル: 人妻・主婦 , ハイビジョン , 中出し , ドラマ , 単体作品 , 熟女 , 近親相姦
監督: 南大地
説明: 母の翼が父の入院でしばらくの間、一人暮らしをすることになった。翼を不憫に思った娘夫婦が同居することになった。しかし、日に日に娘夫婦間で言い争いが絶えなくなり、不穏な空気が漂いだす。父の介護に疲れきった娘は、娘婿が求めても突っぱねるばかり。そんな娘婿を慰めようと、翼はマッサージをしてあげるが…力を入れる度に当たる柔らかい胸の感触に、娘婿が欲情してしまい…。

感想・レビュー

  • 結構抜けます!!

    贅肉の無い45歳のつばささん、単体で3作目です、大分台詞も慣れてきました。 ソファーで手マンされての潮吹き、浴室でのオナニーは抜けます。
  • tyui

    近親相姦で繁栄した家族は外に出ないし、人前で何かすることは、近親相姦の文化振興だろ、う、もちろんそれは、何も知らない人が自然に起こす衝動から生まれる、はず、それも、1980年代から2000年の間に、成長した文化振興は、彼らにとって財産になってる、はず、1978年生まれの俺は、その初期に生まれ、母親とお風呂に入ったり、一緒に食事をしたり、兄弟と同じ部屋で、寝たり、高度成長とは裏腹に育って、貧乏がチャンス(寝る)に代わる瞬間は沢山あった。貧よくな人は誰とでも寝るし、そのほうが、日本のアダルト階層は、受け入れられる。例えば、この人たちがしてることは、一般的な家族の性生活が、家族で近親相姦へ発展して、家族で寝ている。俺の場合は、単一の親と子供で視点が終わっている。それぞれ、別の家族が集まって生活する家族もあって、民法的な解釈は自由な構成をしている。しかし、俺の場合は、それが不自由な構成になっている。子供としては、親とセックスしようなんて思わないし、民法で束縛されれば、そうなることもある。それは、SMである。それが正直な話、痛い。あなたたちは、近親相姦で自由に発展していくし、もし、俺に喧嘩を売れば、俺の母親と同じように、SMのSになる。俺は、それが痛い。決して、鞭で打つわけではないが、縛られていることは、既に鞭で打つ準備がある証拠だろう。発展は偏り次の文化をも生むので、近親相姦は実は蹴縁されていた。傲慢な人は近親相姦中に俺に向かってきもいと言って、俺から文化を奪い、お前もやれと言った。近親相姦と地位の高さは自然の摂理に従い、いつまでも傲慢でいる。実家でセックスをして、外ではそのテクニックを披露する。男と女。友達同士。主従関係。等、それで、若い頃に青春は、それを見てる、または、見える。だけ。あは、確か。

動画の共有