早漏イクイク敏感4SEX 高橋しょう子

更新日:

動画

作品情報

作品名: 早漏イクイク敏感4SEX 高橋しょう子
出演者: 高橋しょう子
シリーズ: 早漏イクイク敏感SEX
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ DIVA
ジャンル: ハイビジョン , 独占配信 , デジモ , 単体作品 , 早漏 , 巨乳 , 顔射 , 淫乱・ハード系
監督: 金田一小五郎
説明: イッてるのに続行ピストン&追撃オーガズムにこだわった4本番作品!NO1.女優たかしょーを中年親父の粘着濃厚テクニックで早漏マンコに開発してイカせまくる!普段は1回のエッチに1回イクだけという彼女に追撃ピストンおかわり絶頂で限界突破!!「今イッからぁ!お願い止めてっ!またイクッ!!」イクイク早漏体質になった絶品ボディたかしょーをずーーーーっと絶頂させる!こんなたかしょー見たかった!

感想・レビュー

  • この作風好きです

    早漏イクイク~作品は他の女優さんでもよく観ます。 ピストン激しめでカラミもいろいろ楽しめるので好きな作風です。 たかしょーちゃんのも個人的には非常に満足しました。
  • どうなんでしょう

    かわいいし、イキっぷりの良さも見どころで、よく纏まった作品だと思います。 ただ、かわいらしさが強調されているわけでもないし、エロさが抜群かといえば、もう一息という感じで、抜群の完成度というほどではないかな。撮影は丁寧で、画質もきれいではありますが。
  • 全編、エロの極致

    全編抜ける。たかしょーのだらしない顔満載。汚らしいオヤジたち(杉山、阿部、小沢、ピエール)に弄ばれるたかしょーがエロすぎる。 追撃ピストンをはじめ、電マやクンニといった豊富なバリエーションで女優を責めまくる。アングルも極めて実用的。 個人的に相性わるい女優さんでしたが、これは手放しで称賛です。たかしょー苦手な方もぜひご覧になってみてください。
  • 最高級の体をねっとり堪能できる作品

    ①局部アップ→バイブで局部刺激中にサブ男優をフェラ→舌上発射?汁量並? →ビラビラを広げられる ②ベロキス、耳、首、脇舐め→局部刺激→M字開脚クンニ →四つん這いアナル舐め→アナル見せ→バック挿入→寝バック →バック→69→騎乗位→対面座位→立って尻開きアナルおまんこ見せ→立ちバック →手マン、パイずり→正常位→舌上発射?汁量少なめ?→お掃除 ③ディルド舐め→男優指で局部弄り、下着下してアナルおまんこアップ →尻に男優がよだれ垂らし後ろからディルドを突っ込み刺激、絶叫 →ディルド攻め中にサブ男優をフェラ→舌上発射?汁量並?→お掃除 ④指舐め、キス、乳首、足指舐め→裏太もも舐めまくり →四つん這いで尻舐め回す→下着ずらされアナルおまんこ見せ →局部を後ろから舐め回す→ベロキス、正常位→騎乗位 →69で局部舐めまくり→騎乗位、女優の唾を男優が飲む→側位→へそ舐め 正常位、対面座位、正常位→顔射?汁量少なめ、お掃除無し? ⑤水着?男優に終始電マされながらプレイ?→サブ男優2人同時乳首舐め →サブ男優2人同時クンニ→サブ男優パイずり胸射→四つん這いでサブ男優をパイずり狭射→電マでイク ⑥キス、耳攻め、ベロキス→長時間乳首舐め回し吸いまくる→足指舐め→下着越しクンニ →女優自らおまんこ開く→足指舐め→アナルおまんこアップ→執拗にクンニ →ローション垂らし刺激→四つん這いで尻にローション塗りおまんこを指攻め →フェラ→騎乗位→バック→背面騎乗位→側位→クンニ→正常位→舌上発射?汁量やや少なめ?→お掃除 ⑦両手拘束し脇舐め、執拗に乳首舐め吸い、足指舐め、局部刺激 →両足拘束、M字開脚で局部刺激後下着ずらしアナルおまんこアップ →下着についたマン汁を男優が舐める→クンニしまくり→正常位 →足拘束解き、ソファで騎乗位→背面騎乗位→立ちバック →ベッドに移動し両手足再度拘束→長い寝バック →足の拘束を解き四つん這いでバック?体のラインがよく分かるアングルでエロい? →長めのバックピストン→手マン→正常位→お掃除フェラ?汁量多め? →舌の上のザー汁を舌を伸ばして長めに見せる ◆ハードピストン無しも体中をねっとり舐め回され弄られまくり最高の体をたっぷり堪能できる アナルやおまんこアップシーンが多いのもいい 素晴らしい体をじっくり堪能したい人にはお勧めで個人的にかなり抜けた
  • 久々にたかしょーのアナルをじっくり

    ここ最近の駄作連発で今作もあまり期待していませんでしたが、久々にお尻の穴を見せてくれる場面が各パート備わって大変満足いたしました。未だたかしょーのおっぱいのみを追求した作品ばかりですが、あの迫力あるお尻をメインにしたのも作るべき。 うさぴょん監督で是非お願いしたいとこですがね
  • 最高級の体をねっとり堪能できる作品

    ①局部アップ→バイブで局部刺激中にサブ男優をフェラ→舌上発射(汁量並) →ビラビラを広げられる ②ベロキス、耳、首、脇舐め→局部刺激→M字開脚クンニ →四つん這いアナル舐め→アナル見せ→バック挿入→寝バック →バック→69→騎乗位→対面座位→立って尻開きアナルおまんこ見せ→立ちバック →手マン、パイずり→正常位→舌上発射(汁量少なめ)→お掃除 ③ディルド舐め→男優指で局部弄り、下着下してアナルおまんこアップ →尻に男優がよだれ垂らし後ろからディルドを突っ込み刺激、絶叫 →ディルド攻め中にサブ男優をフェラ→舌上発射(汁量並)→お掃除 ④指舐め、キス、乳首、足指舐め→裏太もも舐めまくり →四つん這いで尻舐め回す→下着ずらされアナルおまんこ見せ →局部を後ろから舐め回す→ベロキス、正常位→騎乗位 →69で局部舐めまくり→騎乗位、女優の唾を男優が飲む→側位→へそ舐め 正常位、対面座位、正常位→顔射(汁量少なめ、お掃除無し) ⑤水着(男優に終始電マされながらプレイ)→サブ男優2人同時乳首舐め →サブ男優2人同時クンニ→サブ男優パイずり胸射→四つん這いでサブ男優をパイずり狭射→電マでイク ⑥キス、耳攻め、ベロキス→長時間乳首舐め回し吸いまくる→足指舐め→下着越しクンニ →女優自らおまんこ開く→足指舐め→アナルおまんこアップ→執拗にクンニ →ローション垂らし刺激→四つん這いで尻にローション塗りおまんこを指攻め →フェラ→騎乗位→バック→背面騎乗位→側位→クンニ→正常位→舌上発射(汁量やや少なめ)→お掃除 ⑦両手拘束し脇舐め、執拗に乳首舐め吸い、足指舐め、局部刺激 →両足拘束、M字開脚で局部刺激後下着ずらしアナルおまんこアップ →下着についたマン汁を男優が舐める→クンニしまくり→正常位 →足拘束解き、ソファで騎乗位→背面騎乗位→立ちバック →ベッドに移動し両手足再度拘束→長い寝バック →足の拘束を解き四つん這いでバック(体のラインがよく分かるアングルでエロい) →長めのバックピストン→手マン→正常位→お掃除フェラ(汁量多め) →舌の上のザー汁を舌を伸ばして長めに見せる ◆ハードピストン無しも体中をねっとり舐め回され弄られまくり最高の体をたっぷり堪能できる アナルやおまんこアップシーンが多いのもいい 素晴らしい体をじっくり堪能したい人にはお勧めで個人的にかなり抜けた
  • 安定のシリーズ出演で救われている

    早漏イクイク敏感4SEXシリーズは、出演AV女優に対して激しめのピストンを仕掛け、性交を楽しむ企画ものだけに、今回のたかしょーも上手く活かされています。 極太バイブの挿入でオマンコを疼かせ、その流れのままに男優と繰り返される性交は、変な間合いが無く興奮状態は高いまま。 ただ褒めてばかりでは無く苦言を呈すなら、膣内にペニスが挿入された直後は、たかしょーも高揚して乳首を勃起させているのだが、直ぐに陥没してしまうのは如何なものでしょうか。 結局のところ彼女は撮影に慣れすぎて、いつしかだらけて居るのかも知れない。
  • 特典抽選プレゼント

    抽選プレゼントってやつが初めて当たったので星5つです なんちゃって
  • 待ちに待った小沢徹との絡み

    いつも同じ男優、特にイケメン系男優としか絡まない高橋しょう子ですが、ついにオヤジ系キモメン男優小沢徹との絡みです。過去最高傑作ですね。 年齢差30歳以上、禿げているオジサンと元グラビアアイドルの濃厚な絡みということで最高でした。内容は汗だくでの絡みというタイトルで、高温度・湿度の中で小沢徹が汗だくで待っているというシーンから始まりますが、早々に汗は引き、そもそも高橋しょう子も全然汗かいていません。これは謎設定です。 高橋しょう子のことなので大した濃厚な絡みは期待していませんでしたが、結構濃厚に絡んでいます。キスも多めですが、小沢徹特有の唾液たっぷりの激しさはあまりなく、高橋しょう子もそれほど積極的に舌を絡めるというわけでもなく、わりと受け身な感じ。かといって赤点というレベルではなく、十分に満足がいくレベルです。 小沢徹は高橋しょう子の全身を舐めまわします。指、背中、足、ヘソなど。これは素直にうらやましい。こんなかわいい子の全身をねっとりと舐めてみたいものです。ただ、タイトル負けというか、いうほど全身リップはしていません。 絡みは普通という感じですが、入れた途端にいってしまうという早漏の趣旨に合致した演技をしています。少し動いていってしまう。小沢徹にすぐいってしまうことを指摘され、「早漏じゃないもん」というセリフも良いですね。演技とわかっていても、こんなおじさんに気持ち良くされている元アイドル、というシチュエーションだけで抜けます。なお、高橋しょう子から小沢への唾液飲ませはありましたが、逆はなしです。 インタビューも良いですね。始まりと終わりにあります。モザイクしか見えない単独フェラシーンやどこにニーズがあるのかわからないおもちゃシーンではなく、他のAVもインタビュー入れてほしいですね。フェラもおもちゃも絡み中にやればよいだけで、時間稼ぎとしか思えないです。終わりのインタビューでは色々なおじさんに責められた感想などが聞け、それを見た上で改めて見るとなおよいです。 残念なのはブルーレイがないこと。今までずっとブルーレイも出していたのに、なんでここでDVDだけって嘆いています。そういう意味で星四つです。 吉村や杉浦とは絡まないだろうなと思っているので、おそらく過去将来においても最高の傑作だと思います。
  • 親父男優らに、弄ばれる設定は星5つ 絡みは星3つ

    今回 インタビュー中も股間を狙うカメラワークで 薄っすらとパンツに恥ずかしいシミを作っている。仕込みではないようだが。 全体的にバックを正面から撮影したシーンが多いので たかしょーのバストの揺れが よく表現されており ロリボイスとアヘ顔はいつも以上によい。 今回は、いつもの決まった男優陣でなく ピエール氏を筆頭にしつこい絡みが信条の 親父男優を起用しているところは 少しは進歩してくれたということか。 が正面からのバック映像が多いので リアルで挿入しているのか フェイクなのか わかりにくいのがマイナス。 見どころは お初のピエール氏との絡み。この人は 中々覚醒出来ない女優の撮影や イカセ物の常連なので 絡みの時間も4つあるシーンの中では長め。 バックもおそらく真性挿入かと思われるのは 後半のバックでのあそこがアップに なった時に ヘアーに雫がついているので ローションとかでなく軽いハメ潮ではない のだろうか。 二回目 三回目も親父男優は よい仕事をしているが 盟友である三上嬢が男優を弄ぶ 作品と比較したら まだまだ甘いかなというのが印象。 二回目はやはり ヨシタクこと吉村卓氏を起用してほしかったし 、ラストは ボルチオ物で共演した佐川銀二氏を再度起用してほしかった。 たかしょーは シミケン曰く あそこが狭いので ハードな突きが出来ないのかもしれない。 コラムでも お父さんバイブはよくても 中に挿入する玩具は 傷ついたりしたら 仕事に支障があるので 自慰では使わないと書いていたから。 ラストの絡みでH 軽い拘束物で 黒の下着をめくると 白い恥ずかしいシミがついて いる。ここから拘束したままのプレイが続き たかしょーが大好きな寝バックで 何度も昇天させられる。 早漏かどうかはわからないが 彼女は見せる絡みをどうしたらいいかよく考えては いるかと思うし 感度もデビュー時よりも数段よくなっているのではないか。 がまだまだ自分をさらけ出してしないので PSの究極性交のように監督を1シーン ごとに変えて 彼女の底に眠るエロさを覚醒させてほしい。 カン松氏 ドグマ総帥のTJ監督 女流監督の起用を望む。 レズ物はまだまので 世界の波多野 ヒビヤン 鈴村あいりを快楽に誘った春原未来譲 の起用を望みたい。 まだまだ伸びしろがある女優なので期待したい。 次回はS1での一時レンタルの交わる体液 このままS1移籍がいいのではないか。

動画の共有