究極性交 5人の監督による究極の5本番 ACT.02 「究極性交」でしか実現しない奇跡のドリームマッチ5本番 鈴村あいり

更新日:

動画

作品情報

作品名: 究極性交 5人の監督による究極の5本番 ACT.02 「究極性交」でしか実現しない奇跡のドリームマッチ5本番 鈴村あいり
出演者: 鈴村あいり
シリーズ: 究極性交
メーカー: プレステージ
レーベル: ABSOLUTELY PERFECT
ジャンル: レズ , 4時間以上作品 , ハイビジョン , 単体作品 , 潮吹き , 拘束 , SM , イラマチオ
監督: TOHJIRO
説明: プレステージ専属女優『鈴村 あいり』の全てがここに…。AV界の頂点に君臨する絶対的美少女と選び抜かれし5名の最強監督が前人未到の化学反応を巻き起こす!相手の欲に寄り添う‘S’と己を解放する‘M’が新たな快楽の扉を開き、異質で甘美な絶頂を味わう。フェチズムを刺激する淫美なカラダへハードなアプローチを繰り返すと、緊張や羞恥から解き放たれた新たな一面が浮かび上がる。幾度も限界を超えて‘覚醒’へ歩み続ける美少女は、また新たな歴史を刻む…。数々の名作を世に送り出してきた名監督と絶大な人気を誇る鈴村あいりとの究極のドリームマッチが実現!誰もが‘頂点’と認める絶対的美少女の姿を見よ!!

感想・レビュー

  • 性的体力は,かなりのもの

    プレステのハード企画「エンドレスセックス」を経験した鈴村あいりなので, 5本番ぐらいは余裕です。 まあ,あまり監督は関係ない。 男優と女優のガチ絡み。 さらに,レズもあり。 攻めと受け,どのシーンも抜群のプレイぶりを見せ,「さすがに鈴村あいり」だと感じます。 でも,2枚組で340分の大作なので,お好みで,抜けるシーンのみ見るのも良し。 それにしても,鈴村あいりの性的体力は,かなりのもの。 見た目は,並みのボディーなんだけど,めちゃタフです。
  • 圧倒的なボリューム感

    違う監督による違うメーカーが一つにまとまったような作品。 それぞれにテーマをもって挑むわけだが、どのシーンも見どころ満載。 ①~⑤シーンに分かれてる中で、①は軽いSM的テーマ。 SかMかという事だろうが、完全に向かうMですね。笑 そしていきなり②シーン目での春原さんとのレズシーン。 いつも自分を否定的に語る鈴村さんに対して、本質的部分を絡みながら認めてあげる春原さん。 その言葉に涙を流しながら喜びを愛撫で表現する鈴村さん。 このシーンはの涙は美しかった。 男では引き出せないだろう優しさに溢れたSEX。 こんな形で鈴村さんの涙を引き出せるのは女性で春原さんぐらいしかいないだろう。 綺麗な涙でした。 ③シーン目の水着コスでのネットリキスも良かった。 最初は抵抗しながらも、キス多めに絡み合う中でどんどんと求め合うSEXへ。 やっぱり鈴村さんのキスは良い! ④シーン目は最も共演数の多い男優さんとの絡み。 軽い言葉責めをされ羞恥心の中で徐々に感度が高まり興奮の世界へ。 時間を掛けての愛撫から挿入に入ると、一気にイキまくる鈴村さん。 騎乗位では思わずおもらしをしてしまうシーンが。 「イッテルイッテル」「好き好き」と叫びながら絶頂を迎えるなど、3回連続のSEXは圧巻。 ⑤シーン目は強面の監督による作品。 インタビューからど緊張してるのが分かる。 インタビュー最後に両頬を監督からビンタされるのですが、ここは意味不明。 女性への暴力はどういう意図があるのか聞いてみたいが、これが監督のスタイルなんでしょうかね。。。 緊張から終始涙顔の中で、快楽を迎え遂に涙腺崩壊する鈴村さん。 緊張からの飽和という感じなんだろうが、こういう泣き顔でイキまくる鈴村さんを初めて見たのでグッとくる。 顔はグチャグチャでだけど醜さなどは感じない。 終わって観てる者としてもホッとするような安堵感を感じた。 全シーン通して、鈴村さんはやっぱり凄い女優さんだと。 見どころ満載な作品でした。
  • レズパート期待してたら・・・

    相方さん ほかにいなかったんですかね 出来栄え半減ですね。 好きじゃない・・・ 監督 .jp好みなんでしょうけど、絵的に残念。 波多ちゃんとか、もちょっと美形さんとの絡みが見たかった。
  • 悪くはないですが、、

    過度な期待はお勧めしません。好みは人それぞれなので。私個人的には、あいりちゃんの魅力が引き出されてない感じがしました。
  • TOHJIRO×××

    個人的にはビンタされるお鈴なんて見たくないです…。 女優にビンタってドSの人しか許容しない。 レイプものでも演技っぽいのは良いけど、ガチっぽいのはマジすぎて無理です。 今回のがまさにそれ。
  • イメチェン

    前作までの色気たっぷりの大人な鈴村あいりからイメチェンして子供っぽくなってしまった気がします。 可愛いのですが色気がなくなった感じがして残念、髪バッサリきるとこうも雰囲気変わってしまうですね。 好みは人それぞれですから評価はわかれると思います。
  • 圧倒的に

    鈴村あいりが、デビューしてから、5年たっても、初心で照れ屋 ONとOFFが明確で、OFFの時はAV女優とは思えないほど純粋で・・・ みたいな、やりとりがあるが・・・ここまで、そこに執着されると その思えないみたいな状態が演じているように見えてしまので なんかなって感じ、それは置いておいて 今回は、監督対決ってところですが 真咲南朋 監督のレズが凄すぎて、最高でした。(圧倒的に1位ですね) いつもは、容赦なしの精神的にも追い込んでっての印象が強いが 今回は、春春未来を刺客として送り込み、鈴村あいりを完全支配し 完膚なきまで、逝かせまくりの愛情タップリ洗脳逝かせが凄く、なんか 物凄く良かった。春春未来もいい子なので、気持ちが伝わりますね! アキノリ監督は、まぁ、いつも通り、企画重視って感じで AVっぽかったので、エロさは、そこそこ うさぴょん。監督は・・・・初め鈴村あいりに痴女らせてたので おっ!と期待したが、直ぐに拘束して、立場逆転しちゃう感じは なんか中途半端で・・・・だったら、初めの下りは必要ないじゃんって感じ マンハッタン木村監督とTOHJIRO監督は、真咲南朋監督のレズHを 見ちゃうと最悪に感じてしまう。同じように精神的に追い込むみたいな 設定だが、脅迫・威圧感が強すぎて、鈴村あいりが可哀そう過ぎる。

動画の共有