人妻の妊娠危険日ばかりを狙う顔の見えないレ×プ魔 希島あいり

更新日:

動画

作品情報

作品名: 人妻の妊娠危険日ばかりを狙う顔の見えないレ×プ魔 希島あいり
出演者: 希島あいり
シリーズ: 人妻の妊娠危険日ばかりを狙う顔の見えないレ×プ魔
メーカー: 溜池ゴロー
レーベル: 溜池ゴロー
ジャンル: 人妻 , 辱め , ハイビジョン , 寝取り・寝取られ , 中出し , 独占配信 , 単体作品
監督: 大崎広浩治
説明: 愛する夫との幸せな結婚生活を送る人妻・あいり。夫との夜を楽しみにし、そろそろ子供をと考える彼女のもとに不審な手紙が届くようになる。「妊娠おめでとうございます…」怯える彼女の前に突然現れた目だし帽の男。不審者は抵抗するあいりを組み伏せ腫れあがった肉棒をねじ込んだ。一部始終を動画に撮られた彼女は抵抗できず、排卵日ごとに繰り返される中出しレイプを受け入れるしかない。やがてそのお腹は…。

感想・レビュー

  • 中出し直前に目的を明かすことで、嫌がり方にメリハリがついて◎

    無理やり妊娠させることを目的とした孕ませ強姦作品シリーズ。 AVにおける「孕ませ」というワード自体は、 ここ最近で増加傾向にあるが、 実際にはただの「中出し」と同義である作品が多い中、 今シリーズでは、しっかりと「妊娠」を思わせる キーワードが台詞や設定にしっかりと織り込まれている。 今回のターゲットとなる家庭の設定は、 経済的な事情から夫が「まだ子供はいらない」と 考えている「妊娠する予定のない夫婦」。 導入部分の犯人の「妊娠目的の告白」は、ほのめかす程度で、 中出し直前まで隠されており、 初回SEXでは、映像記録に残しながら、じわじわ犯してゆき、 妊娠をほのめかす台詞は以下の通り。 「もうすぐおっぱい大きくなるからブラジャー替えないとね」 「奥さんのミルク、美味しいんだろうな」 そして、中出しの直前からの主な流れは次の通り。 「中に出すよ」→嫌がる→「何で?もしかして危険日?」 →「妊娠しちゃうでしょ!」→「知ったこっちゃねーよ。丁度いいじゃん子供欲しいんでしょ?」 →「(腹を撫で回しながら)もうすぐここに俺の子種、種付けしてあげるからね、しっかりキャッチしてね。」 →「出すぞ、孕めよ」→中出し 一連の流れとして妊娠系台詞の量は、初回SEXとしては減ったが、 演出として「嫌がり方」が自然なものとなり、レイプ感が増していて◎。 欲を言えば、告白後には犯人がこれまで抑えてきた「孕ませたい」という 感情を思いきり台詞として吐露させ、女のさらなる嫌がりを引き出すことでメリハリをつけるとなお良い。 「いかにも台本」感が出ることや、演者の負担を考えると、長台詞よりは短い台詞が好ましく、 男は「赤ちゃん作ろ」「妊娠して」「俺の子供産んで」等の言葉を浴びせ倒し、 女は「妊娠したくない」「デキちゃう」「危険日なの」等の言葉での反応により 耳に入ってくる回数を「短い時間」で「集中的」にかせぐことで次の形が見えてくると感じた。 中後半はこれまでと特筆すべき差はなく、 結末は、犯人の子を妊娠し、堕胎不可のBADEND。 本作の魅力は「女の意識としては最後まで男を拒否する一方で、繰り返される中出しにより卵子が精子を受け入れてしまい、最終的に”体が堕とされてしまっている”こと」という点にある。この点は今後も固持してもらいたい。 次作も期待。
  • 展開がワンパターン

    最初、犯人が主演女優名をそのまま、の役名で手紙を書き玄関前に置く。女優名を役名として使ってる段階で明らかに手抜き行為。この作品の場合、希島あいりを起用をしてるから、希島家の設定。無論、旦那も女優名前に併せて希島に成ってる。次に覆面をしていても、最近は男優が大島を起用をしているようだ。ベテランのせいか、男優の方が目立ちやすい。どこのメーカーでも言える事だが、男優なんて顔なんて目元くらいはモザイクしてても良いだろう。作品内容は展開は同じ。居間で犯される。? 次は撮影されていたのを一緒に見てたり。? 旦那に睡眠薬を飲ませて、キッチンでやられる ? 最後の絡みは夫婦の寝室かな。 ラストは、家族で妊娠を喜んだりして終わりなんだが、それを遠隔カメラ?で見てる犯人が映されて終わり。全く変化が無い。ここのメーカーの溜池が監督した場合、脚本は全て同じ。他の作品でもそう。 生ぬるいね。
  • 妊娠淫語は少なめかな

    本作もついに9作品目となったことから、結構な人気シリーズになっているかと思いますがシナリオがそろそろマンネリ気味なので、このあたりで少し変化をつけてみてはどうでしょうか。 世の中の夫婦を性欲の強さで分類すると次の4つがあります。 (1)妻、夫の両方とも性欲が強い夫婦。 (2)妻、夫とも性欲が弱い夫婦 (3)妻が性欲が強く、夫が性欲が弱い夫婦 (4)夫が性欲が強く、妻が性欲が弱い夫婦 これまでは、夫婦ともあまりセックスが好きそうにない(2)のパターンの夫婦ばかりの印象でしたが、個人的には性欲が強い人妻が大好物なので、(1)のパターンを見てみたい。 イメージとしては、妻も夫もセックスが大好きで、休日は昼間から「ねえ、しない?」「いいよ。って朝やったばっかじゃん!〇〇って本当に性欲が強いんだな」という会話からまたもやベッドでパコパコする幸せ夫婦。 結婚してから生理中でもほぼ毎日性生活があり、妻は夫とのセックスに満足していたが、夫をはるかにしのぐ性欲モンスターのレイプ魔に襲われ、躰だけでなく、心まで奪われてしまうというNTR的なシナリオはどうだろう。 1.人妻の性器を見た犯人の感想を聞きたい。 「奥さん、性器に色素が沈着して真っ黒になってますよ。ビラビラも伸び切って穴がぱっくり開いて中身まで見えてますけど。旦那さんと週7回もしてるからこんなになるんですよ。」 2.犯人が挿入した時の感想も聞きたい。 「くうー、襞がグネグネ絡みついて締め付けてきますよ。奥さん、これが名器ってやつ?毎日こんな気持ちのいい思いしてる旦那さんがうらやましいですよ。」 3.犯人が膣鏡で名器の状況を説明する 「奥さん、すごいですよ。無数の襞がグネグネ動いてる。上のほうにはつぶつぶがびっしり。これって数の子天井っていうらしいです。あ、奥さん夕べも旦那さんと子作りしましたね?奥に精液と陰毛が大量にたまってますよ?下の毛の手入れくらい常識ですよ!」 レイプ魔に犯され夫をはるかにしのぐセックスの快楽を味わい、次第に夫とのセックスでいけなくなってしまう妻。 出産後、妻が子供を連れて犯人とともに夫の元から去ってしまい妻の置手紙から可愛がっていた子供が犯人の子であることを知った夫が泣き崩れる。 全体的には、東凛>希島あいり>君島みおという順位かと。 今回妊娠淫語が少なめでしたので星4つです。

動画の共有