20世紀末爛熟の美女たち ゲルニカの聖水 エッセンシャルベスト

更新日:

動画

作品情報

作品名: 20世紀末爛熟の美女たち ゲルニカの聖水 エッセンシャルベスト
出演者: 山崎麻美 , 水沢ひとみ , 菊池えり , 森尾歩衣
シリーズ: -
メーカー: シネマジック
レーベル: Cinemagic Memorial
ジャンル: ベスト・総集編 , 独占配信 , その他フェチ , コスプレ , 拘束 , SM , 飲尿
監督: 渡久地ユウジ
説明: 濡れ濡れ美女が、小水にまみれ拘束されて蠢き悶える。世紀末の退廃はこのシリーズから始まったという…ゴージャスなメンバーによるウェット&メッシーの官能と興奮が滴り溶け落ちる。浴びせられる聖水を飲み床を舐め男を舐め、恥毛を剃られ愛液にまみれて敏感な穴をたっぷりと責められる・・そこは極彩色のフェチ地獄!ゆっくりとボンデージ飲尿奴隷に堕とされてゆく美しき獲物たち。

感想・レビュー

  • シネマジック黄金時代の極彩色映像群

    1989~1993年頃の6作品(6人)を収録。画質は思ったほど悪くない。DMMサイトには4人しか記載がないが、出演者は「青山麗」と「かのうしずか」を含めた6人だ。 内容は緊縛、飲尿、放尿、尿舐め、剃毛、ラッピングなどのアブノーマルプレイで、SMの倒錯感、退廃感に溢れている。どれもドレスアップした衣装を着て行われるのでエロさが増幅する。 「飲尿」は中野D児(かつてはシネ社と言えばこの人)が立った状態で、跪いた女優が口を開けて受ける。「放尿」は女優によって違いがあるが、概ね立った状態でコップに勢いよくほとばしらせる。音と量が半端ではない。 「尿舐め」は女優が放尿して床の零れたものを這いつくばって舐める。どの女優もこのシーンは見せ場であり、表情がエロくヌキどころだ。 「剃毛」は菊池えり、青山麗、山崎麻美の3人。山崎麻美の剃った陰毛を鼻の下に付けて髭状態にするところは倒錯感一杯だ。 「ラッピング」は最後に女優をラップしてモノ状態にする。 以下、収録順に女優ごとの特徴。 ①菊池えり:20代半ば頃の作品だろうか。緊縛は2種類。放尿はカクテルの入ったグラスに。妖艶と小悪魔の両方が感じられる。顔だけでヌケる。 ②森尾歩衣:四つん這いで二穴にバイブを挿された姿勢で飲尿するシーンが本作の白眉かもしれない(サンプル画像9、10)。 ③青山麗(サンプル画像11~13):尿舐めのシーンはヌケる。 ④かのうしずか(サンプル画像14~17):浴槽に沈められるシーンの飲尿はボトルから(もうひとつ中野の放尿を飲むのもあり)。 ⑤山崎麻美(サンプル画像18):この人は朝宮涼子だと思われる(若い頃)。放尿はローソク消しをする。尿舐めシーンはエロく、ヌケる。 ⑥水沢ひとみ(サンプル画像19~20):フェラあり。皮付きバナナを咥えた緊縛姿がエロい。 当時と較べて今の時代のAVは成熟した良さはあるが、何かアクが抜けてしまった物足りなさを感じる。世の中にパワーがあったあの頃が懐かしい。

動画の共有